• トップ /
  • 妊娠中は胎児の健康を第一に。

胎児のためにできること

妊娠中は胎児の健康を第一に。

妊娠中の無理は禁物です。

妊娠中は、つわりやお腹の重さなどにより、普段通りの行動はなかなか出来ないものですが、実際に赤ちゃんを見る事は無い為に、つい無理をしてしまいがちです。ついお腹の胎児のことを考えずに、仕事で走りまわったり重い荷物をもったりしてしまうことがあります。しかし、こういった行動は妊娠中の母体を危険にさらすことになりますので、出来れば控えるようにしましょう。胎児の健康にも良くありませんので、注意が必要です。更に、たばこやお酒を止めることが出来なくて、妊娠中もつい欲望のままに吸ってしまうかたもいらっしゃいますが、度を越えてお酒をのんだり、たばこを吸う事は、胎児の成長が遅れてしまう可能性があるので注意が必要です。お腹に赤ちゃんがいる時間は10か月ほどしかありません。小さな体で一生懸命生きていますので、妊娠中の方はなるべく胎児のことを考えながら行動することをおすすめします。体調が悪くなった時は、無理をせずに身体を休めることが必要ですし、心配でしたら一度病院を受診してみましょう。無理をして我慢してしまうことが一番良くありませんので、胎児と自分の身体に注意をはらって、毎日健康的に気持ちよく過ごしていきましょう。

↑PAGE TOP